読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロント大学の英語コース体験記 その7 -プロジェクトディな話(異文化交流は難しい)ー

f:id:StudyCanada:20160514204527j:plain

(スタバで注文する時に、自分の名前を言わないとイケない。商品受け取り時に名前が呼ばれる・・・これが最初にカナダで戸惑った事)

 

クラスでプロジェクトディという日がありまして、来週からのプレゼンテーションに向けて、各々がグループ単位(2人一組)で作業をするという日がありました。 

作業場所も明示されていなくて、教室でやるもよし、図書室を使うもよし、カフェでやるもよし。 
ただし、この日の5時までにプレゼンのサマリーやらディスカッションの議題をまとめて講師に送らねばならないという締切付。

そんな日に10時30分に待ち合わせな!という事で待ち合わせした中国人がまたこねぇよ!!w (10時じゃ早いんだろうから、10時30分なと中国人の方から言ってきたんですけどww)
ま、そういう人なんだろうなと思い適当に時間をつぶす。

そしたら20分遅れで謝りながら到着・・・・・。なんなんだ・・・・。

 

そして、ここじゃ何なんで図書室で教室を借りようという話になり。
図書室にあるグループ作業用のスペースを借りて作業スタート。

 

まぁ・・・・嫌な予感がしていたんで、前日までに個人的にサマリーをまとめていたのがなんとなく役に立つ(中国人なにも見てねぇw)

 

とりあえず、題材となるドキュメンタリーを45分程一緒に鑑賞。
(所々、何と言っているかを確認しつつ)

 

その後、サマリーをまとめる(自分が前日に作ったサマリーを元に)
なんだか、個人的には締切があるんだからサッサとまとめてから雑談なら良いんだけど。
中国人が雑談をしたりスマフォをいじっているので・・・若干イラつきながら作業ww
(どこまでやる気があるんだか全く不明www)

 

そんなこんなで、昼飯で中華(6ドル)食ったりしつつなんとか5時前にギリギリになってメール送信・・・・。本当にこれで大丈夫か??と思いつつ。

(送信手前で、書いたサマリーを中国人が誤ってデリートしてパニクッている様子はチョットだけ面白かった・・・他人事ではないんだけどww まぁ、自分がチョット操作して回復したので結果オーライ。)

まぁ・・・最低限の仕事はしたかなという感じ。

その後、まぁ自分がやらざる得ないだろうなという気がしたので、 プレゼンテーションのアウトラインを自分が作る事に。 (大まかな流れと概要)

その後に、パワーポイントを作ってリハーサルだなという話に落ち着く。 パワポ作りも基本的には自分が主導した方が良いんだろうなという気がしている。
まぁ・・・いいですけど。

そんなこんなで、文化の違いに戸惑いつつも過ごしていました。

 

・留学生単位でモチベーションに差がある

 

・基本的に日本人は真面目だしやる事はやるけど、他の国の人達でレイジーな人はほんとにレイジー(そしてあまり感謝もされないw)

 →、お国柄なのか、お金持ちウェイなのか。ただ、お金持ちさんは、それで通用するから良いのでしょうね・・・。

 

・出来る事なら・・・、ガンガン主導権を握ってプロジェクトを進めて行くってのも必要です。そうやってついてこない者は置いていけばいいし、自分のやるべき事をやるようにすべきなんだと思います。

 

・ま、とは言っても良い人達も沢山いるので本当にこういうのは、一緒に作業する人間次第って感じ。その場合には、多分こちらが足を引っ張らないようにするのに必死にw

 

ではでは。