読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の嘘寿司 -その1-

f:id:StudyCanada:20160517102417j:plain

f:id:StudyCanada:20160517102423j:plain

f:id:StudyCanada:20160517102430j:plain

 

カナダのトロントには寿司屋さんが沢山あります。

写真で掲載したお店がが、自分が初めてトロントで行った寿司屋さんになります。

寿司屋さん自体は沢山あって、食べ放題の寿司屋さんも沢山あります<m(__)m>

ま、初めて行ったお店でも日本人からの視点でみると色々と突っ込み所がありまして・・・。


1.お店の前に集募(って中国語が書かれていたよ)
 →っていうか、お店のスタッフは中国語だよ! 中国語で話してるよ!!

2.店内は妙な日本テイストだよ。

 →暖簾のチョイスが微妙w

3.カニカマの握りって初めてだよ!!

 →こんなに高級な扱いをうけるカニカマとは!!と思って食べたら普通のカニカマw

4.巻き寿司の彩がやけにカラフル 

 →アボガドだのキュウリだの上になんかの卵が載っているやら。
  それでもアボガドとワサビ醤油の相性がいいので気にならない
 →っていうか、海苔で外側を巻かないのか?と思ったりなんだり。

 →ドラゴンロール!って巻き寿司があったりなんだり

5.味噌汁の具が殆ど無いよ!!
 →あと出汁を取るって概念が殆ど無いような気がする。うま味調味料の味が強かった。

6.握りの寿司は多分見よう見まねなんだろうな的な感じだよ。
 →日本からの本当の職人が行ったらビックリするレベルだよw

 

7.サーモンとか分かりやすい味だと自分も受け入れやすい。

8.値段はまぁ普通w
 →缶の紅茶とこの寿司セットで12ドルぐらい。 そんなに高くなかった。

この和風美人と思わせておいて、日本に住んだことありません的な人と会ったような感覚を味わった気がしますw

日本の物が現地化(進化)するとはこういう事なんでしょうけど・・・。なんだかやっぱり本物が恋しくなりますね。