読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロント大学の英語コース体験記 シーズン2 その2 -Level50とLevel60コースの違いな話-

f:id:StudyCanada:20160618164831j:plain

トロントの郊外にある図書館にて、けれどこのキャラクターを知らないカナダ人も多いorz)

 

基本的にスケジュールそのものはLevel50とLevel60で特に変わり無し。違う所をまとめてみると。

↓level50の詳細はこちらを参照の事

studycanada.hatenadiary.com


・流石一番レベルのクラスだけあって、クラスメイトの質が前回よりも高いという感じです。

・リーディングとライティングのコースで、文法的な解説はあまり無し
(殆どの生徒はもう知っているだろうという事で)

・生徒同士でのディスカッションやチェックの時間が多い
(お互いにチェックさせる事で、良い点・悪い点をお互いに確認する事が出来る。)


とこんな所です。まぁ、この進め方は生徒によって合う場合と合わない場合があって、先生自体は何も教えないよね・・・ってことで不満を持つ生徒も居ないことは無かったです。

 

で、自分の状況なんですが、宿題の量も多いし、求められる物も多いし大変は大変なんですけど、以前(2014年1月~3月)に授業を受けていた時よりも精神的には安定していました。

理由としては、
・単に授業に慣れた
・英語力が上がって聞き取れる量が増えた(まだわからない事もありますけど)
・講師との相性が良い
・他のクラスメイトとの関係を築くのも以前より楽になった
等々・・・・色々な要素が挙げられるのですけど、これは英語力が上がったのと同時にコミュニケーション能力が上がったという良いサインとして前向きに捕えました。

ただ、今のクラスを無事にクリア出来るかどうかはマダマダ謎って状況でして、けどクラス以外にも多少話せる生徒が居るというのが、以前との大きな違いでしょうか。

テスト時に一緒になったブラジル人やら中国人とは気軽に話せるぐらいの関係をモテたのがデカい。

あと、チョット関係無い感想的な話では、日本人留学生が夏程ではないものの多く押し寄せているという状況でした。大学単位だったりなんだりで、その人達は固まって行動するしロビーで大声で日本語ガンガン話すし、なんだろう遊学なんだろうなぁと思ったりなんだり。 (人によっては意図的にツルマナイ人たちもいるんですけど。)

そういうのを見ていると、頼れる存在が近くに居るのは良いけれどなぁと思う反面、
勿体ないなぁと思う事もありました。

まぁ、多少そういう学生とも少し話す機会があるのですけど、夕ご飯とかも日本人が固まって一緒にレストランに行ったりなんだりとかしているのを見ると・・・留学へのスタンスがチョット違うよなって感じでした。

f:id:StudyCanada:20160618165014j:plain

【写真】
20秒毎にスライドが自動的に変わる設定で、20枚。合計6分40秒間クラス全員の前で発表という授業がありまして。(成績には直接的には関係しない。) 

折角なので、日本の登山について自分の登山経験を元にダラダラと話してみましたw
富士登山
・それ以外の山の登山
・登山の楽しみ
 自然・風景・新鮮な空気・コーヒー
・日本の野生生物(安全な方)
・日本の野生生物(危険な方)
・道に迷ったら
谷川岳(危険な山)
オンタリオに山がねぇ
・登山後の温泉最高!!

という内容。翌日にチリ人の女の子から、私も山に登ってみたくなったわ!と言われたので嬉しかったり、なんだり。w