読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保険と病気の話(カナダ生活) その1

f:id:StudyCanada:20160703092924j:plain

(自分の左手&包帯、点滴用の針が刺さったままです<m(__)m> 医療費が異様に高かったです。)

 

北米圏の医療費が物凄く高いというのは有名な話だと思います。なので、すべての留学生やワーホリで行く人は保険に入る事が推奨されます。(医療費によって、帰国って事にならないようにするために必要だと自分も思います。)

 

トロント大学ESLの場合には、授業に申し込む際に授業期間中分の健康保険も同時に申し込む事になっていました。ただ、その期間から外れた場合には、自分自身で保険の手続きを行う必要があります。その手続きは、インターネットでも出来るし、留学エージェントに行って保険に加入する事も出来ます。また、語学学校でも窓口となって貰って、その学校が提携しているエージェントを通して保険に加入する事が出来ます。
(確か1日2ドル~3ドルぐらい)

自分の経験だと

・インターネットの場合
 申請から書類が届くまでに時間が掛る為に、多少時間が掛ります。出来れば1週間前ぐらいまでには申請しておく必要があると思います。

・留学エージェント及び語学学校
 申し込んだ当日から保険適用になりました。その場でお金も支払えるし急ぎの場合には、足を運んでやってみるというのが良いと思います。

また、金額的な差はあまりないのですが、各保険でどのようなオプションを付けるのか?という事で若干金額が変わって来ました。

 

で、保険証みたいな物を貰うので出来るだけ身につけるようにしていました。
(何かあった時に、すぐに対応できるように。)

 

日本企業でも日本人留学生向けに保険サービスを提供していますので、日本語でのサービスを受けたい場合や保険内容を確認して、日本滞在中に保険に加入してしまうという手もあると思います。(自分の知り合いのワーホリで来た人は、事前に1年間の保険に日本で加入してきたみたいです。やはり、日本の保険の方が明らかに高いのですが・・・安心料でしょうね。 あとは、通常の旅行保険とは違うので、空港に来る前に確認して加入した方が良いでしょうね。)

↓自分が加入した保険の1つ、トロント大学の保険もこれでした。

f:id:StudyCanada:20160703095722j:plain

 

次の記事で、実際に病気になった時に自分がどうなったか、保険会社のやり取りについて記述しようと思います。<m(__)m>