読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保険と病気の話(カナダ生活体験記) その2

f:id:StudyCanada:20160704202222j:plain

(病室にて点滴を受けていた時の写真・・・・。)

 

2015年6月某日

 右手が虫に刺されたような腫れと痒みがおこり・・・、それが全くひかない所か日々酷くなっていくという状態に・・・。右手が常に熱を持ち、左の手首で右腕の手首を掴んでみても、左手の指(親指と中指)がつかない状態に。最初は日本から持参したかゆみ止め(ムヒ的な奴)で対応していたのですが・・、塗り薬だけでは全然効かないという明らかにマズイ状態になり。病院に行く事に。

 普通のカナディアンなら、掛りつけのファミリードクターに通院して対応してもらうのですが(カナダのシステムの場合には、どんな病気でも初めは専属のファミリードクターに診察してもらった後の対応になる。)、自分の場合にはそういった物が無いので、誰でも入れるウォークインクリニックという所に足を運んで診察してもらう事に。

 ウォークインクリニックに入って受付にて、保険証を提示したら保険会社からクレームNo(申請No)を取得してから来てほしいと言われ・・・保険会社へTEL・・・名前と症状を伝えてどうにかこうにか質問事項に答えた後に何とかクレームNoをゲットして、再度ウォークインクリニックの受付に。自分の症状をどうやって英語で説明したらいいのやら・・・・と悩みつつ名前を呼ばれて診察室の前へ・・・。そこでも更に20分程度待った後に、誰も居ない部屋に案内されて更に5分程待った後に先生が来て診察。診察は、症状の確認と部位のチェックのみ。診察の結果・・・、炎症・感染が手首から肘より先へと動脈をつたって広がって居る事もあり飲み薬と注射という事に。そして、数日状況が改善しなかったらまた来て欲しいとの事。

 で、注射は先生がするのかなー?と思ったら看護婦がするみたいで他の部屋へ・・・、ただ自分の保険で該当する注射が保険の範囲内で打つことが出来るかどうかで10分程度更に待ち・・・<m(__)m> ようやく注射と処方箋を貰うことが出来ました。保険の範囲内なので、特にお金は支払わず。ただ、処方箋を利用した薬の購入は別途保険会社へ請求する必要があるとの事。取りあえず薬局に行って塗り薬と飲み薬を貰って帰宅。でも全く薬が効いている感じがしない・・・・。そして、取りあえず自分の腕を氷で冷やしたりして痛みと痒みを和らげる日々が続く事に。

 そして、更に問題なのがどのような虫に刺された結果なのかが全く分からない事・・・。蜘蛛か南京虫のいずれかだろうという話にはなるものの・・・決定的な証拠が出てこず・・なにより夜間(もしかしたら室内で)に刺された可能性が高い為、自分の自室で神経質にならざる得ないという精神的な恐怖を味わう事になりました。<m(__)m>

 

 そして、この症状は改善せず・・・更に酷くなる一方なのでした・・・体の赤い部分がドンドンと広がっていくし痒み・痛み・腕の熱で寝ていられないという状況が5日以上続く事に・・・。

 

次に続くよ。<m(__)m>

保険と病気の話(カナダ生活) その1

f:id:StudyCanada:20160703092924j:plain

(自分の左手&包帯、点滴用の針が刺さったままです<m(__)m> 医療費が異様に高かったです。)

 

北米圏の医療費が物凄く高いというのは有名な話だと思います。なので、すべての留学生やワーホリで行く人は保険に入る事が推奨されます。(医療費によって、帰国って事にならないようにするために必要だと自分も思います。)

 

トロント大学ESLの場合には、授業に申し込む際に授業期間中分の健康保険も同時に申し込む事になっていました。ただ、その期間から外れた場合には、自分自身で保険の手続きを行う必要があります。その手続きは、インターネットでも出来るし、留学エージェントに行って保険に加入する事も出来ます。また、語学学校でも窓口となって貰って、その学校が提携しているエージェントを通して保険に加入する事が出来ます。
(確か1日2ドル~3ドルぐらい)

自分の経験だと

・インターネットの場合
 申請から書類が届くまでに時間が掛る為に、多少時間が掛ります。出来れば1週間前ぐらいまでには申請しておく必要があると思います。

・留学エージェント及び語学学校
 申し込んだ当日から保険適用になりました。その場でお金も支払えるし急ぎの場合には、足を運んでやってみるというのが良いと思います。

また、金額的な差はあまりないのですが、各保険でどのようなオプションを付けるのか?という事で若干金額が変わって来ました。

 

で、保険証みたいな物を貰うので出来るだけ身につけるようにしていました。
(何かあった時に、すぐに対応できるように。)

 

日本企業でも日本人留学生向けに保険サービスを提供していますので、日本語でのサービスを受けたい場合や保険内容を確認して、日本滞在中に保険に加入してしまうという手もあると思います。(自分の知り合いのワーホリで来た人は、事前に1年間の保険に日本で加入してきたみたいです。やはり、日本の保険の方が明らかに高いのですが・・・安心料でしょうね。 あとは、通常の旅行保険とは違うので、空港に来る前に確認して加入した方が良いでしょうね。)

↓自分が加入した保険の1つ、トロント大学の保険もこれでした。

f:id:StudyCanada:20160703095722j:plain

 

次の記事で、実際に病気になった時に自分がどうなったか、保険会社のやり取りについて記述しようと思います。<m(__)m>

トロント大学の英語コース体験記 シーズン2 その5 -自分の弱点な話-

f:id:StudyCanada:20160702212206j:plain

(ハロウィン後に近所の公園にして撮影。結構な家庭でこういったジャックオーランタンを作るので、見るだけで結構楽しい。)

中間テスト後も相変わらず教室内で自分のレベルの低さに身を悶える日々が続くという状態に。自分の意見をまとめる、人の話を聞く、英語に落とし込むを同時にする事が難しくて泣きそうというか、若干泣いてました。まぁ、それはそれで自分の欠点が露わになるので、いいのですけど。  


ま、よく話を聞くと一緒に授業を受けていた中国人の女の子も授業後に結構泣いて居たりしていたみたいで、特にスピーキングとリスニングについてはアジア系はやっぱり問題がある事が多いです。一緒に受けていた南米系の人達は間違えていてもベラベラと結構話す感じでした。例えば、2対2でディベートするような授業があったんですが、自分のパートナーのブラジル人が会話を独占みたいな状態にw
ま、議題自体がそのブラジル人の専攻している科目に関連した、遺伝子操作された農作物の是非についてのディベートだったので猶更ですけど。

ただ、自分の欠点を潰す事が出来れば、モット伸びるのではないかという手ごたえもつかんでいたりなんだりしてそれが、自分の授業に出るモチベーションになっていたりしました。(もちろん簡単な話ではないんですけど。)
どのようにモチベーションを維持するのか?ストレスを力に返る事が出来るのか?受講生のパーソナリティが英語学習に対しての成長度が関わるという事を実感しました。出来るだけ、間違えてもひたすら話す事が出来る能力が欲しかった時期ですw

なので、ちょっとつらいなと思っても出来るだけ、補講には出るようにするのと授業後の15分間のプライベートレッスンについては出来る限り出るようにしていました。確かにストレスは感じていましたけど、「まだ・・・・まだ・・・目は死んでいない!!」という気持ちを持っていたように思います。そんな中、12月(3週間後)に控える最終テストに向けて頑張り続けることを再確認したのと、12月の試験終了後、1週間ぐらい後に折角だからTOEFLを初めて受けてみよう!!という気持ちになりました。

※11月に大学案内フェアみたいな事が、英語コースのオフィス前で行われていてそこで色々な大学の情報を知るうちに大学進学??みたいな選択肢がポッと自分の中に湧いてきました。翌9月入学を狙うとすると、おおよそ2月までに以下の物を用意しなくちゃいけなくて、無理かな??と思いつつもTOEFLだけでも受けてみて自分の実力について対外的にどうなのだ??と言うのを把握したいという気持ちに。
 ①英語の能力についての証明(TOEFL or Ielts)
 ②推薦状(2通 昔の会社の上司に頼むしかない。)
 ③英語での学歴証明書、成績書
 ④エッセイ

また、人間関係は良好と言えば良好で、ただクラスの中で以前のような深い付き合いをする人も居ないという感じでしょうか。居心地は悪くないですけど、クラス外での付き合いがそんなに無いよなぁ・・・って感じです。まぁ、他にやる事があったり知り合いと映画を観に行ったりと色々とあるので、そこを求めてもなぁという感じです。 

ではではw

トロント大学の英語コース体験記 シーズン2 その4 -スピーキングテストな話-

f:id:StudyCanada:20160625231141j:plain

ディスティラリー地区の一部、クリスマスの時期が物凄く良いみたいですけど行かなかったなー。ココで作っている日本酒も買えるよ。)

 

で、プレゼンテーションと共にスピーキングテストがありました。

スピーキングテストについてもLevel50とほぼ同じ。だけど、違いがあるのは別に資料等は渡されないけど、お題は前もって知らされるという点。お題は移民について、賛成・反対等の議論を行う事。基本的に、発展途上国から来ているような生徒は移民政策について賛成!って感じが多かったなというイメージです。自分は、なんとなく反対した方が議論が深まるだろうという理由で、反対派にw で、一緒になったグループメンバー3名(計4名)のグループで、大体10分程度話してその内容や文法や発音等々について先生二人体制でチェックが行われるという物。

お題が出てから、数日予行演習の時間があるから最初に4人でリハーサルしようとなったんですけど・・・、サウジアラビア人の男性が俺が一番最初に発言してみたい!!といいだしたので任せてみたら、5,6分1人で話し続けるという面白状態にw

たぶん、一番最初なら事前に用意も出来るし、他人の意見を聞かなくて良いのでベラベラとしゃべり続けるという状態になったと思われる。w

さすがに他のメンバー(カザフスタン人とチリ人)も突っ込むという状態にw

 

ま、そんなリハーサルがあってチョットだけ準備して、中間試験当日自分が話した事は

・イギリスでは、移民を受け入れすぎた為に財政的に苦しんでいる側面がある事。また、移民の中で英語を話せない人が居て中々社会に溶け込めない人が居る事

ウィキリークスのアサンジ容疑者のような政治犯を匿ってしまう可能性も否定出来ない。

等々、他のメンバーの意見としては

・移民受け入れも投資の一部

ヒューマニズムとして、移民・難民は受け入れるべき

・カナダのように成功した国もあるのでは?

・アメリカも元々は移民達が建国した国では?

等々。

まー、10分で話せる内容じゃないですな。

2016年現在、アメリカやイギリスの排他的な志向、それに対する他の国々の意見を見ていると、この手の内容で意見がまとまる事は無いよ!!と思ってしまいます。

 

まー、そんなこんなで数日後に成績を貰ったんですが、Bでした。

うーん、まぁ意見そのものよりも文法エラーやら流暢さって点で問題が沢山あったような気がするのでその点でマイナスが大きかったような気がします。

 

あとは、LEVEL50よりも求められるレベルが高くてそれが更に問題をややこしくさせていたのだと思います。

 

続くw

トロント大学の英語コース体験記 シーズン2 その3 -プレゼンテーションな話-

f:id:StudyCanada:20160621183634j:plain

(近所でよく散歩&ランニングした公園、やっぱり紅葉の時期は良い♪)

 

1か月少し経過後に、Level50の時と同様に中間テストやらプレゼンテーションの試験がありました。

 

【プレゼンテーションの試験概要】

先生が指定した大学のレクチャーシリーズから一つ(60分以上の長さ)を選択し、それを2人一組で、そのレクチャーの内容について概要をプレゼンテーションする。クリティカルシンキング的な物も説明する。また、プレゼンテーション後にグループを作成して、他の受講生と共に議論を行う。(プレゼンテーションした人が、その議論の進行を行う。)

 

色々な評価項目があるのですが基本的には、Level50と同じような内容で評価項目(流暢さやら、説明の仕方、文法、発音等々)が設定されていました。ただ、問題なのはLevel50の時には、ドキュメンタリービデオだったのが今回に関しては実際の講義の要約なので、まず内容が全然面白くないw そして、要約する時も専門用語が連発されて物凄く面倒な内容に。自分の場合には、ストレスのメカニズムについてのレクチャーでしたが、PTSDやらなんやらを英語で説明するのは非常に疲れました。

 

そして、本当にプレゼンテーション直前のお昼休みまで準備して、頑張ったんですけど・・・。

1.途中所々でメモ読み上げながらの説明になってしまった事

2.トップバッターという事で、色々とグダグダになってしまった事

3.討論のコーナーで全くコントロールできずw っていうか他の受講生が勝手に話し出してそれを10分程見守るというなんともヘタレな結果に。今考えると、討論の進め方も評価対象に入るんだから、自分が進めますと宣言すればよかった。<m(__)m>

 

とうとう・・・・

結果、評価はBという評価に・・・うーん、色々と妥当<m(__)m>

もうちょっと色々とやるべき事をやれればなと思ったりなんだり。

 

あと、今回チリ人女性とタッグを組んだんですけど、

・相手が若いからバイタリティあり過ぎて、こちらがついていくのが大変w

・色々と仲良くなれたので、チリに遊びに行ったら案内してくれるだろうか?w

・そもそも、女性と作業するのは色々と気をつかう・・・と思ったりなんだり。

・一緒のチリ人女性の評価はB+でした。やっぱり、話す事に関してはアジア人よりもよっぽど出来る!!

 

f:id:StudyCanada:20160621184401j:plain

↑クラスメイトのブラジル人(ハロウィン時期だったので、テンションが上がってたw)

【カナダの大学】大学院への入学願書提出 その4 ”途中経過な話”

f:id:StudyCanada:20160618215943j:plain

トロントにあるブルージェィズスタジアムとCNタワー、結構きれいドスなぁ・・・)

 

2015年1,2月に書類をカナダの三つの大学院に提出しまして、まだ途中になりますが状況を報告しておきたいと思います。

【願書提出した大学】

1.エドモントンにある大学

2.トロントにある大学

3.トロントから少し離れた所にある大学

 

それぞれ、一長一短ある感じでどこの大学にするかは明確に願書提出時には決めていませんでした。全ての大学に対して、Webもしくは郵送で願書を提出しました。それぞれの大学で、願書提出プロセスが異なる為それを理解するのが大変でした。

【1.エドモントンにある大学】

まず、最初に何度かやり取りした後に、この大学より合格の連絡がありました。それは確か3月初旬でした、また入学したいのであれば3月中旬までに預け金(約2,500ドル)を入金してほしいとの事・・・・。2の大学からも合格の連絡があり・・・、エドモントンという未知の場所に行くよりは2のトロントにある大学の方が色々知っているし、そちらの方が良いだろうなぁなんて思った事と2500ドルは流石に高いと思い、お断りしました。英語教師と話すと、それほど早く連絡が来るという事は、アーリーアクセプタンスなんだろうという話をされました。早く確保したい大学生に対しては、早めに合格を出して早めに席を確保させるという事でした。ありがたい反面、受け入れませんでした\(^o^)/

 

【2.トロントにある大学】

こちらも、1と同じく早く合否発表が出て2月には合格の連絡が来ました。預け金約1000ドルを6月13日までに振り込む事とありました。3ヶ月以上余裕があったので、とりあえずキープしておき、6月13日ギリギリに振込み処理を行いました。ただ、海外銀行への送金となった為、入金に数日かかってしまいまして・・・・orz 大学側に遅れる旨を説明しまして、なんとか理解してもらいました。もしも、入学するのであれば8月前半までに学費を入金する必要があります。(この学費が異様に高いorz)仕方無いですけどね。
問題点としては、マスターコースなんですけど1年間のコースで、2年間のコースと比較した場合にはどうしても学習期間が少ないなぁという事です。(その後の就労許可証にも影響する。)

 

3.トロントから少し離れた所にある大学】

2月初旬に何度もやり取りして、提出完了して。待つこと未だに結果発表がありません\(^o^)/ その間、大学の事務局員/プログラムアドバイザー/教授と様々な人にコンタクトを取ったのですが、常に「もう少し待ってくれ」という返信しか来ない状況が続いている状態です<m(__)m> で、4ヶ月以上待ってるよ・・・という状態に。2年間集中して勉強できるという面では、2の大学に勝るのですが・・・。本当に大丈夫なのか??この大学は??という感じです。まぁ、カナダクオリティの洗礼を受けているとしか言いようがないです。

 

という事で、2の大学には、約1000ドルを支払ったものの3の大学からも一応連絡待ちと行った所です。少なくとも秋から大学院に行く事だけは確定しているのですが、どの大学院に行くかが決定していない為・・・その後に必要な学生ビザ取得・宿泊先検討・航空券の取得・国内での様々な準備(免許・住民票・パスポート等々)への対応が出来ない状態です<m(__)m>

まー、単発バイトしながらなんとかやり過ごしながら、出来る事を準備して行こうと思います。

トロント大学の英語コース体験記 シーズン2 その2 -Level50とLevel60コースの違いな話-

f:id:StudyCanada:20160618164831j:plain

トロントの郊外にある図書館にて、けれどこのキャラクターを知らないカナダ人も多いorz)

 

基本的にスケジュールそのものはLevel50とLevel60で特に変わり無し。違う所をまとめてみると。

↓level50の詳細はこちらを参照の事

studycanada.hatenadiary.com


・流石一番レベルのクラスだけあって、クラスメイトの質が前回よりも高いという感じです。

・リーディングとライティングのコースで、文法的な解説はあまり無し
(殆どの生徒はもう知っているだろうという事で)

・生徒同士でのディスカッションやチェックの時間が多い
(お互いにチェックさせる事で、良い点・悪い点をお互いに確認する事が出来る。)


とこんな所です。まぁ、この進め方は生徒によって合う場合と合わない場合があって、先生自体は何も教えないよね・・・ってことで不満を持つ生徒も居ないことは無かったです。

 

で、自分の状況なんですが、宿題の量も多いし、求められる物も多いし大変は大変なんですけど、以前(2014年1月~3月)に授業を受けていた時よりも精神的には安定していました。

理由としては、
・単に授業に慣れた
・英語力が上がって聞き取れる量が増えた(まだわからない事もありますけど)
・講師との相性が良い
・他のクラスメイトとの関係を築くのも以前より楽になった
等々・・・・色々な要素が挙げられるのですけど、これは英語力が上がったのと同時にコミュニケーション能力が上がったという良いサインとして前向きに捕えました。

ただ、今のクラスを無事にクリア出来るかどうかはマダマダ謎って状況でして、けどクラス以外にも多少話せる生徒が居るというのが、以前との大きな違いでしょうか。

テスト時に一緒になったブラジル人やら中国人とは気軽に話せるぐらいの関係をモテたのがデカい。

あと、チョット関係無い感想的な話では、日本人留学生が夏程ではないものの多く押し寄せているという状況でした。大学単位だったりなんだりで、その人達は固まって行動するしロビーで大声で日本語ガンガン話すし、なんだろう遊学なんだろうなぁと思ったりなんだり。 (人によっては意図的にツルマナイ人たちもいるんですけど。)

そういうのを見ていると、頼れる存在が近くに居るのは良いけれどなぁと思う反面、
勿体ないなぁと思う事もありました。

まぁ、多少そういう学生とも少し話す機会があるのですけど、夕ご飯とかも日本人が固まって一緒にレストランに行ったりなんだりとかしているのを見ると・・・留学へのスタンスがチョット違うよなって感じでした。

f:id:StudyCanada:20160618165014j:plain

【写真】
20秒毎にスライドが自動的に変わる設定で、20枚。合計6分40秒間クラス全員の前で発表という授業がありまして。(成績には直接的には関係しない。) 

折角なので、日本の登山について自分の登山経験を元にダラダラと話してみましたw
富士登山
・それ以外の山の登山
・登山の楽しみ
 自然・風景・新鮮な空気・コーヒー
・日本の野生生物(安全な方)
・日本の野生生物(危険な方)
・道に迷ったら
谷川岳(危険な山)
オンタリオに山がねぇ
・登山後の温泉最高!!

という内容。翌日にチリ人の女の子から、私も山に登ってみたくなったわ!と言われたので嬉しかったり、なんだり。w