読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トロント生活】語学学校の教師のお話 その2

f:id:StudyCanada:20160603152656j:plain

(カナダっていうとウインタースポーツですよね。っていう事で、イベントで撮影したアイススケートショー)

 

前回からの続き

studycanada.hatenadiary.com

 

【iSPEAK(旧名称:Metropolitan college)】

この学校は緩々な感じで、チケット購入すると1回4時間程の授業を受けられるって内容で、10人以下のクラスで4時間スピーキングとリスニングにフォーカスしてどちらかと言うとエンジョイ系って感じでした。生徒も日本人が多くて、レベル差も大きいって感じでした。

先生その1

 まー、普通に綺麗な女性で、先生と生徒の間はキッチリと線引きするような感じでした。それでも、出来るだけ生徒にカジュアルな会話をエンジョイさせようとして、努力されていて好感を持てました。ただ、問題なのは・・・文法とか発音の手直しは殆どされないので、本当に会話をスムーズにする為のコースって感じでした。会話に慣れるって部分では良いけど、英語の能力のボトムアップって面では、うむーって感じでした。(なので、10回だけ行ったって感じでその後は行かなくなっちゃいました。)

 

トロント大学 ESL

English Plus

このコースは、トロント大学ESLでもスピーキングとリスニングに特化していて、特に文法やボキャブラリーについての知識はそんなに増えません。まぁ、試験等は無いので、そんなにストレスフルになる事も少ないのですけど。個人的には、うーん内容的に中途半端な内容じゃないかなと思いました。(対象とすべき学生と目標が結構曖昧なので)

・先生その1

バックボーンがイタリア系ですけど、英語はバリバリ喋れます。そして教え方は丁寧で、生徒からも人気があったんですけど、問題はクラスのコンテンツで・・・上記に挙げた学校と同じで、本当にボトムアップするにはあんまりかなーと言う感じでした。(文法、ボキャブラリー、発音等、講義は一切無いという感じでした。)

 

トロント大学 ESL

アカデミックコース Lv60

※Lv50受けて半年後に、改めて入学試験を受け直してLv60を受け直しました。

(っーかLv60のレベルに入れてよかったよw)

・リーディング/ライティングの先生(週3)

 え?カナダ人?ってな外見で聞いてみたらどうも先生の両親のバックボーンはインドになるとの事。ま、多国籍なカナダらしいですね。個人的には、なんだか気のいいおばさんに見えて人柄的には問題無い感じでした。個人的には、その授業もある程度分かりやすいし、そんなに悪い先生では無かったように思えました。(Lv50の先生よりもかなり授業を受けやすかった) ただ、クラスメイトの一人からは・・・生徒同士でエッセイの添削させたりするのは、自分が楽したいからじゃね?っていう感想もあり、それは確かにそうだよなと思う一面もあり。 生徒同士で、エッセイを添削させるような教え方は、良い面も悪い面もあるのでなんですけど。 ま、そんな中でも先生自ら添削する事もあり、そんなに悪くなかったなーって感じでした。最終日には、生徒全員にピザを奢ってくれたしw

 

・スピーキング/リスニングの先生

やたらテンションの高いふくよかな女性カナディアンw もぅ授業中に歌いだす感じだったし、それはそれで面白かった。Lv50の時の先生も良かったけど、この先生も結構生徒のやる気を引き出すのが上手なのでそれが良かったです。(求めるレベルは高かったけど。) で、授業後に15分個別のディスカッションを取って常に発音の矯正をする為に、一対一で付き合って貰いました。で、それも時間が長引く事も多々あり。

トロント大学の先生は時間が来たらピタッと止めて帰る事も多かったんだけど、この先生はある程度融通効かせて生徒の為に残ってくれた。それは物凄くありがたかった。

 

で、ほぼ最終日には、クリスマス用の子供用のおもちゃやらお菓子を買いためて持ってくるしw で、ちょっとしたパーティ状態になるし、ある意味ファンキーで面白い先生でした。

 

まだ、その3に続きますw